スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝉とお地蔵さま

2011.07.30.11:25

マンションの踊り場のフェンスから運命的に脱出した蝉を見た次の日、再び同じような蝉がフェンスに張り付いていた。これは、昨日見た蝉と一緒かもしれないと思う。今度はフェンスの網目でもがいたりせず、じっとしている。その慎重さから、さてはあの時のボーダー越えのお礼に来たのかも、などと勝手に思った。蝉にも礼儀のようなものがあるのかな、なんてね。有りがたい話だ。
ところがその2~3時間後に行ってみると、踊り場の床のにバッタリ倒れている。死んだわけではないようだが、かなり瀕死の状態。仰向けになって、手足だけをゆるりと動かしている。ああ、もうすぐ死ぬんだなと思う。蝉の成虫期間は約1~2週間と言われる。僕があの蝉の脱出劇を手伝ってから丸1日。この1日は、僕が80歳まで生きたとして、あの蝉にとって5年半以上に相当する。少しでも生きることができて良かったじゃないか。でも、後で掃除のおばちゃんのゴミ袋にサッサと入れられてしまうのも厭だな。それに命がある限りは精一杯生きるべし、と僕はその蝉をつかんで空に向かって投げたんだ。蝉は立派に飛べたよ。かなり不安定飛行だったけど近くの木に飛んでいった。
その後、博多人形師の先生からお地蔵様の人形ができたという電話があったので、見に行った。高さ5センチ程度のとてもかわいいお地蔵様だ。桜の花びらの上で、目を閉じてお祈りするお顔が愛らしい。このお地蔵様の元を話すと長くなるので今度の機会にしようと思うが、鮹の供養のための石像を設置する時につくってもらった「天草五多幸」というお地蔵様が原型になっている。今度は蝉のためのお地蔵様というわけではなかったが、どんな小さな命にでも感謝する意味では同じようなもの。
「何色が良いか」と人形師の先生。「そうだね、やっぱり金運の金色地蔵かな」と僕。さっそく頂いて帰り、部屋に飾った。蝉の命を頂いたようなものだろうか。さあ、僕もボーダーラインを越えなければならない時期に来ているようだ。でも、ハードルもハイジャンプも苦手だったからなあ。

:その蝉はヒグラシではないかというコメントを頂きましたが、調べましたら、やっぱりクマゼミのようでした。僕が昔見たクマゼミと印象が違っていたようです。


theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

宝くじと宝当神社

2011.07.27.01:41

宝くじが当たるという宝当神社に行って来た。もちろん高額当選を狙っている。島に上陸後「当たりソーダ」を飲んで気合いを入れる。宝くじも買った。そして、宝当の館という所から神社に向かう。鳥居まで88歩ということなので大股歩き。鳥居の前で10歩ほど足踏みした。その後、宝くじを入れておくと効果があるらしい袋を買うと、猫たちも祈願してくれた。ゴッドハンドと呼ばれておばちゃんに遭遇。握手もした。
宝当神社は、唐津から船で約10分のところにある。正面から見ると台形の形をした高島という名の島だ。島からは唐津城も見える。唐津城は高台にあり、城下はぼんやりとして邪魔にならない。贅沢な風景だと思う。島にはあちこちにネコがいる。唐津行きの船がでるまでネコを見てまわることにした。いろんな種類のネコがいるが、総称して島ネコというそうだ。島ネコたちも退屈そうだが、こっちも退屈。もう一度宝当の館に行ってみた。若い男が宝くじ売り場の前でスクラッチして、ダイヤが出たとか言っている。どうやら5000円が当たったようだ。おおっ~!凄いじゃないかこの島。


theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

箸置きのステンドグラスギフトでボーザー越え

2011.07.23.00:46

九州を中心に活躍されているステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生オススメのステンドグラスギフトのコーナーが新設されました。

【カラムのコラム】
マンションの5階、ネット状のフェンスにへばりついて、蝉がもがいていた。油蝉ではない。透明の羽をしているが、クマゼミでもない。僕は透明をしたクマゼミの羽の中を流れる抹茶色の流線ラインが好きだったから良くわかる。大きさは約5センチくらいでクマゼミくらいかそれより小ぶり。蝉の種類は分からない。
その蝉は、建物の内側にいて、フェンスの網目から外に出ようともがいているように見えた。菱形をした網目の大きさは最大約3センチ強。抜け出せそうでなかなか難しそうだ。細くて短い2本の手が鉄の棒を掴むのに向いていないのだ。それで、動きの大半は空をつかみながら、体の半分近くを建物の外に出しつつ、相変わらずもがき続けている。かなり必死のようだ。それを見ていると、何だか自分を見ているような気になった。何だか穴に入っまま抜け出せない自分の姿。僕にはボーダーラインがあって、その一線を越えられないままだ。飛躍できそうでできない。急にその蝉を応援したくなってきた。ガンバレー!!すると頑張った甲斐もあって、蝉は穴から脱出したのだ。でも、まだ建物の内側。フェンスの上には2mくらいの空間がある。だからそのまま飛び立てば、外に脱出できるのだが、その蝉は二度と穴に入りたくないのか、短い二本の手で慎重に細い鉄棒を伝いながら右往左往。そして再び穴の中。蝉の大きさから言うと、網目の方が小さいので、その方法での脱出は無理だ。蝉にとってもこの脱出はかなり高いボーダーライン。どうしたら越えられるのか。そうだ。この一線を越えるには、誰かに手伝ってもらうのがよろしい。僕は蝉を網目の向こうに押しやってやったんだ。すると、ギャーだかジャーだか大きな声を出して飛び出していった。あの鳴き声はお礼だったのだろうか。
まだ夏は始まったばかり。短い命の蝉を想いながら夕食としよう。ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生が作ったガラスの箸置きに2本のボーダーラインを載せて。
hashioki_convert_20110722232447.jpg



アリスのポケットサイトでは、後藤ゆみこ先生オススメのステンドグラスギフトのコーナーができました。一度お立ち寄りください。



商品名
箸置き 花一輪
5個1組み
価格/¥2,625(税込み)
サイズ/H60XW12
水を入れてお花を挿すことができます


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

ちょっと懐かしく新しいステンドグラスランプ

2011.07.22.01:04

ちょっと懐かしくて新しいステンドグラスランプが発売されます。ステンドグラス作家・後藤ゆみこ先生の新作です。店舗や宿泊施設、公共施設などで、個性的な雰囲気を発揮しそうです。

最近、ちょっと暗めの喫茶店って少なくなってきたよね。ファミレスとかどんどん進出してきて、ちょっと歩くだけでコーヒーも手軽に飲める。安いこともあって、そんなお店で話をするようになっているんだけど、そうしたお店ってとても明るいんだ。だからもうチョット正確に言うと、照明を抑え落ち着いた喫茶店からどんどん足が遠のいているってことになる。それに小さな町では、ファミレスやファーストフード店などの進出で、小さな喫茶店も少なくなっているようだ。ファミレスでの会話の内容が、本当は少々暗めの場所で話すのにピッタリなコッソリ話っていうこともあるんだけど。深刻な話なんかはもうちょと落ち着いた場所が良いと思うけど、時代は明るい方へ明るい方へと向かっているのだろうか。昔のジャズ喫茶も、今では明るいジャス喫茶っていうのもあるみたいだし。
あまり暗すぎはどうかと思うけど、食事するにせよ、お茶するにせよ、ちょっと照明を落としている方が周りとの空間共有をあまり気にしなくて良い。安っぽくないしね。そんな中、ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生は、ステンドグラスを使ったインテリア照明を作っている。モチーフシリーズという一連の作品で、花や図形など同じ大きさと形のパーツを立体的に組み合わせてつくるステンドグラス製ランプシェードがそれ。ステンドグラスを通した複雑な光と、色影の反射がとても綺麗で、個性的な空間をつくるにはピッタリの魔法のランプ。70年代や大正ロマンまでゆっくり旅して、一挙に現代に戻ってきたような不思議なデザイン。どことなく懐かしく新しい。このステンドランプの下なら、ちょっと未来の話をしたくなる。恋人同士なら、これから先の明るい話なんか良いよね。照明にも気を遣っている優れた設計者の方に一度使ってもらいたい作品だ。アリスのポケットでは、このステンドグラスランプが間もなく登場予定。一度サイトをのぞいて欲しい。




商品名
翡翠の花
価格/¥36,750(税込み)
サイズ/直径160x高さ230ミリ


予告編は、アリスのポケット

theme : シンプルライフ
genre : ライフ

ステンドグラスギフトとプレゼント

2011.07.19.22:24

ウェーブGグラス工房の後藤ゆみこ先生の作品をご紹介します。ステンドグラスについての才能、すなわちステンドグラスギフトとも言える天賦を感じさせるアートの世界のお話です。

ギフトとプレゼントという二つの言葉は、どちらも贈り物には違いないが、どう違うのだろうか?そんな単純は質問が、とある質問サイトに出ていた。その答えの一つに、プレゼントはひらがなで表せる気持ちで、ギフトは漢字で表せる気持ちというのがある。なるほど、ひらがなと漢字か~。プレゼントに比べてギフトは確かに堅苦しい。彼女へのプレゼントとか言う場合のそれには熱意もあるが、ギフトの方は少し冷たい。儀礼的なイメージもする。お中元やお歳暮はプレゼントというよりギフトの方がふさわしい気がする。さて、ギフトの語源は何だろう。語源辞書でもあるといいのだが、簡単に調べると「GIVEと同語源で天から与えられた物の意から才能になった」というのがある。giftedは「天才的」という意味だからこれも答えの一つだろう。ウィクショナリー日本語によると、与える・贈るなどを意味するGIVEの語源は、giefan とある。おっ!何となくgiftに近いじゃないか。類義語に donate 「寄付する」ともある。ラテン語でギフトはdonumに相当するそうだが、これも似ている。フランス語のdonner(与える)の語源がラテン語のdonumだ。一方のgiveの語源は、ゲルマン語のオールド英語だ、というところまで分かったが、ギフトの語源について探るのは、図書館に行ってからにしよう。
さて、ギフトが天賦という意味も含まれるなら、ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生の才能もギフトといえそうだ。例えば先生の作品に、ガラスの糸をからませてつくる技法がある。このガラスの糸はケインと呼ばれるそうで、この透明のケインで形をつくる。繭のような形や紡錘形、球形などがある。内部には色違いの別の形があったり、空洞の場合もあるのだが、僕には孵化器のように見える。そこから何か生まれてきそうな感じだ。実際、作品名は「繭・コクーン」という。この孵化器には球形をした無数の接合点があるが、その存在が面白い。要するにその形は接合部で出来ていると言って良い。そう考えるといろんなものに見えてくる。宇宙の中の惑星にようにも、脳細胞の中のシナプスのようにも見える。シナプスは神経細胞などにあって、化学的伝達機能を持つ。昔テレビで見たことがあるのだが、例えばアイデアがひらめいたりした時は、それはかなり光るのだそうだ。頭の中で無数のLEDのようなものが光っているような感じだろうか?そんなわけで、後藤ゆみこ先生の作品は「考える孵化器」と勝手に解釈しよう。そして、こんな不思議なものをつくる先生の場合のギフトは、ステンドグラスギフトということになろう。さあ、ガラス出来た考える孵化器に光りを入れてみよう。とてもきれいですよ。

009a_convert_20110719221140.jpg


詳しくは、アリスのポケット

theme : シンプルライフ
genre : ライフ

tag : ステンドグラスギフト

夏の夜を楽しむステンドグラスギフト

2011.07.18.19:06

アリスのポケットのステンドグラススタンドで夏の夜をまったり過ごす。今回は、ステンドグラスギフトとして使えるキャンドルスタンド「はあとスタンド」をご紹介。
【カラムのコラム】
今年は節電の夏になりそうだ。だから扇風機を買った。昔に比べると、普通の扇風機って意外と安いものだなあ。3千円もしない。昔の扇風機は、前と後ろのカバーを合わせるのがとても難しかったように思える。3つの穴と突起部分をあわせるだけなのにうまく行かない。どこかがずれている。これは前と後ろがあってないのだ、と前方のカバーを回転させて合わせてみる。それでもうまく入らない。どうしても合わない1点があって、もうこれで良いとなってしまうので、扇風機のカバーに変な隙間があいたまま一夏使うという具合だ。ところが、最近の安い扇風機のカバーは取付方がとても簡単。ワンタッチになっていた。さらに梱包も実にコンパクト。扇風機って、こんなに軽くて小さかったのね。
さて、節電ということなら、夏の夜をまったりと楽しみたいところだ。かつての夏の夜、縁側なんかがあった時代は、友達が集まって遊んでいた。暗い中でうちわ片手にたわいない話をする。そんな夏休みが好きだった。今では、夜中の話声や笑い声がうるさいだとか、何だとかでそんな楽しみも味わえない。でも昨年だったか宝珠山という村に行った時は、そんな感じだった。まだ、まったりとした夏の夜を過ごせる場所も残っているのはうれしいが、街の中は厳しいものだ。そうだ、村の子供達に夏の夜を楽しむステンドグラスギフトっていうのも悪くない。アリスのポケットのキャンドルスタンドは、ロウソク1本で夏の夜の物語をつくってくれる。怪談話はどうかしら。




商品名
はあとキャンドル
価格/¥3,150(税込み)
サイズ/H80XW100X100


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

グラスジュエル:ピアス

2011.07.18.17:23

ステンドグラス雑貨・小物のアリスのポケット。今回は、ガラスのジュエリー、「グラスジュエル」をご紹介します。ステングラス作家・後藤ゆみこ先生のさわやかなイメージの作品シリーズです。

鉱物には、モース硬度という硬さの尺度があって、10が地球上の鉱物の中で最も硬いダイヤモンド。1に相当するのが、珪酸塩鉱物の一種の滑石(かっせき)というわけで、10が硬くて1に近づくほどがもろくなっていく。一般的なガラスの硬度は、その中間あたりの約5に相当するそうだ。
アリスのポケットのグラスジュエルシリーズは、ホウケイ酸ガラスという強化ガラスを熱で加工してつくられていて、ホウケイ酸ガラスは、ガラスにホウ素を加えてできるそうだ。ガラスの主成分は二酸化ケイ素で、その代表に石英がある。石英の硬度は7で、一方のホウ素の主成分であるホウ砂(硼砂)の硬度2.5だそうだ。それらの混合によってできるホウケイ酸ガラスの硬度は、5~6と一般のガラスよりも多少硬い。それで強化ガラスとも呼ばれているが、熱に強いという性質もあり、耐熱ガラスという呼び方もある。昔の電気のホヤに使われていたのだとか。電球は意外と熱が高いからね。
ガラスは落としたりぶつけたりすると割れる。これは、ガラスの引っ張り強度に関わる。これは、ガラスについたキズによるものらしい。全くキズのないガラスの引っ張り強度は鉄並なのだとか。
アリスのポケットのグラスジュエルも他のガラス製ジュエリーと同じように、強くぶつけたり落とすと割れる。繊細な性格の持ち主だが、そこがまた女性的だ。名前も朝露。はかなさもあり。無常の教えに従うしかない。




商品名
ピアス ロングチェーン
価格/¥2.940(税込み


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

ステンドグラスとの出会い

2011.07.18.02:09

ステンド小物からステンドアートまでお取り扱いしている通販サイト・オクリパコ。サイトを開いてくれたその出会いに感謝です。


【カラムのコラム】
「邂逅」という字を書いて、ショップのサイドカラムに入れてみた。読みは「かいこう」。偶然の出会いを意味する。膨大な数のサイトの中で、わざわざ訪れてくれた人との感謝の気持ちを揮毫したのだが、おそらく人は、他人との出会いなしに生きていけない。もっと正確に言うなら、生き抜いていけないだろう。少なくとも僕は、その不思議な邂逅の力により生活できている。でも何でその人と出会ったのだろう。たまには自分のセールスもしてきた。でも、セールスで知り合った人とのつきあいは、大部分が一過的で今は続いていない。僕を支えてくれている人は、全て偶然によるものだ。一方、僕も彼らを何らなの力で支えている。あんまりパワーはないけどね。
ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生との出会いも偶然。仲介人はスペイン・バルセロナの人達。あの夏、何でスペインだったのだろうね。この不思議な出会いというものは、それぞれの人の運命について記されているというあのアガスティアの葉にそれは書かれているのかとても興味深い。でも知らない方が良いだろう。知ってしまうと、先回りしそうだ。何だかいやらしい。?
邂逅という字はどちらにもしんにょうがついていて、横書きすると、カタツムリが並んで進んでいようにも見える。いつまでも、二匹の距離は縮まらないカタツムリスピード。近くまできているのに気づかない。えてして、偶然の出会いはそんなもの。前進ばかりじゃなく、たまにはちょっと止まってみようか。というわけで最近あんまり頑張らないでいる。すると、まわりがどんどん追い抜いていくだけ。いったい、次の歴史的邂逅はどこらへんでおきるのだろうか?ステンド雑貨通販の中ででも起きるといいのだが。


theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

舞踏とステンドグラス

2011.07.17.20:05

ステキなステンド作品のご紹介。本日は、ウェーブGグラス工房のステンド衝立(ついたて)「Splash 躍動」をご紹介します。この衝立は、ドイツのランバーツ社のハイグレードな板ガラスを使い、生命の内に潜む拡張と力を表現し、透明感を活かした上質の平面レイアウトを作りだしています。

【カラムのコラム】
舞踏というものを見た。なかなか理解し難い。音楽に合わせて踊るわけだが、踊るという言葉では表現できない。踊りには跳躍がつきものだが、それは、体をくねらせたり何らかのポーズで静止させたりする。セリフはない。たぶんそれには、一連のストーリーがあるに違いないが、理解しようとすると舞踏というものが分からなくなってくる。舞踏家側は、エクスタシーの世界に行ってしまってるようにも思えるが、観衆がそんな世界を共有するというのは容易ではない。なんだが宗教の世界に似ている。そもそも踊りの源流をたどると、神様につながる。昔の人は、感受性の強い人を選び、リズムをつけて神がかりにあったように踊らせたという話を何かで読んだことがある。踊りで地面を踏むのにも意味があって、地下に住む悪霊を押さえつけたり、逆に大地の神霊を呼び覚ましたりするためのものだったそうだ。そう考えると少しだけ理解できる気もする。でも家族にも全く受けない。「気持ち悪い」だって。あっ、そうか!理解しようとすること自体が間違っているのだ。理解する必要は全くなく、気持ち悪さをいかに受け容れるかの問題。そこら中の見ている人がどんどん気持ち悪くなればいいのだ。あくまでもアートですから。
さて、こちらの踊りは全く気持ち悪くない。ステンドグラス作家・後藤ゆみこ先生のステンド衝立(ついたて)「Splash 躍動」。花のダンスのようにも、飛沫の拡張のようにも見える。あるいは色の成長かも知れない。まてまて、理解ようとしてはならない。感じたままでいいのだ。すでにアートの領域に入っているのだから。

110329_051_convert_20110717183722.jpg


商品名
Splash 躍動
価格/¥315,000
(各1枚)
サイズ/約580x900ミリ
    (各1枚)


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

ステンドグラス小物とステンドグラスジェル

2011.07.16.21:36

博多のアート雑貨・ステンド小物のご紹介。本日のご紹介は、アリスのポケットの「プチクローバーミラー」。持ち運びに便利なかわいいミラーです。


アリスのポケットというサイトは、基本的にステンドグラス小物を扱っている。大きさも10センチ~20セン、いわゆる生活雑貨だ。ステンドグラスで検索しようとすると、「ステンドグラス雑貨」という検索予想のほかに「ステンドグラスジェル」という聞き慣れない用語がある。はて、何だろう。ちょっとアクセス・・・。おおっ~、素晴らしいネイルアート。それも、「ステンドグラスジェル」は単なるネイルアートと少しばかり異なる。透明感のあるモザイクチップという付け爪にペイントして仕上げる。モザイクチップは爪の2倍強の長さで、ピラミッド状の凹凸がいくつかあり、その凹凸が立体感をだすのだろう。これまでのネイルアートになかった透明感があり、「まるでステンドグラスのような輝きを放つ」という説明。これはステンドグラスの中でも小物中の小物だ。きっと、透明感を出して彩色するのは難しいだろうなと思う。それに、これだけ長いとキーボートが使いにくいだろう。まあ、こうした女性たちはたぶんスマホが多いだろうから良いか。
ステンドグラスジェルを愛用している方にお勧めなのが、アリスのポケットのステンドグラスミラー。全部で19種類、値段も手頃で選び甲斐がある。どれもカワイイが、「プチクローバーミラー」っていうのが何となく好きだ。最近の若い女の人は、ケータイでミラー代わりにお化粧している人もいる、という話しを聞いた。ピカピカのケータイもあるので不思議じゃない。でも小さすぎないだろうか。それにケータイってちょっと冷たく見える。もう少し有機的なミラーの方が魅力的だよね。



商品名
プチクローバーミラー
(四角)
価格/¥1,575(税込み)
サイズ/H105 x W75
付属品/スタンド


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

tag : ステンドグラス小物

プロフィール

オクリパコ

Author:オクリパコ
贈り物をするならオクリパコ!気になる人だけじゃなくて、自分への贈りものもアリ。

アリスのポケット
ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのオリジナル商品があります。
リンク
最新記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。