スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手づくりはお好き?

2011.08.04.18:10

「手づくり」の反意語は何だろう。英語の辞書によると、「handmade」の反意語は「machine-made」。やっぱり「機械づくり」だろうね。でも手元の日本語「反意語対照語辞典」に「手づくり」の反意対照語はなく、とりあえず「手工業」と「機械工業」の関係として載っている。手工業は「簡単な道具を使って生産する小規模工業」で機械工業は「機械を利用して生産を行う工業」とある。これでいくと、ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生の商品は、手工業。今ではどうだか分からないが、日本人が得意とされてきた分野だ。でもやっぱり、「手工業」というより「手づくり」と言った方が、人の手を通したイメージだけでなく、気持ちのようなものも感じられて暖かみがある。 特にオーダーメイドの場合はね。仕事で携帯ストラップをベトナムに頼んで作ってもらっているけど、全て手塗りなのだとか。よく見ると一つ一つどこか微妙に違ったりしていて、あんな小さな人形の色分けがよくできるものだと感心させられてしまう。その繊細さは、いつしか日本人を越えているかもしれないとも思う。それに、ある意味ベトナムの携帯ストラップもオーダーメイドだから、その一つ一つが手づくりだと思うと、ベトナム人のきめの細かさや暖かさも感じようというものだ。
 そう言えば、僕は高校生になるまで手づくりのセーターを着ていた。母がいろんなセーターを機械編みしてくれたんだ。夜中にジャー、ジャーと音をたてて。オレンジと黄色の縞々ベストや緑のとっくりセーター、夏になるとサマーヤーンとか言う少し堅めの毛糸で編んだ水色セーター。体が大きくなると、セーターを解いて別のデザインに生まれ変わる。だから、いつも手づくりセーターばかり着ていた気がする。でも高校生になって、自分で服を買いに行った時、工業製品のセーターを買った。完璧だったね。新品の時の匂いが全く違う。それに腕と体の部分のつなぎ目の仕様も、胸のマークもカッコ良い。母の手づくりセーターに比べると何だか胸を張って歩けるような気にさえなった。そうやっていくうちに、母はもうセーターを作らなくなってしまった。もう高校生なのだから、自分の好きなのを着なさい、というわけだ。ところが、東京の大学に行ってから、田舎から届いた荷物に入っていたのが緑のセーター。もちろん新しい手づくりセーターだ。遠く離れてみると手づくりも悪くない。市販されているのよりずっと暖かい。でも、僕がそれを着て外出しようとはしなかったのは、東京の風景に馴染まないと思っていたんだ。人と同じマークが入ったり、どこかで見たデザインこそが田舎からでてきたのをカモフラージュさせてくれるなんてね。
 でも今になって思うと、オレンジと黄色の縞々ベストも腕に白いラインの入った緑のセーターも実は好きだったんだよね。友達の中には、そのベスト良いねって言うのもいたから、好んで着ていたりもしたんだ。だって他に同じセーターは無かったもの。
                                                                                  


商品名
コースター
価格/¥1,050(税込み)
サイズ/H115XW115


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

箸置きのステンドグラスギフトでボーザー越え

2011.07.23.00:46

九州を中心に活躍されているステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生オススメのステンドグラスギフトのコーナーが新設されました。

【カラムのコラム】
マンションの5階、ネット状のフェンスにへばりついて、蝉がもがいていた。油蝉ではない。透明の羽をしているが、クマゼミでもない。僕は透明をしたクマゼミの羽の中を流れる抹茶色の流線ラインが好きだったから良くわかる。大きさは約5センチくらいでクマゼミくらいかそれより小ぶり。蝉の種類は分からない。
その蝉は、建物の内側にいて、フェンスの網目から外に出ようともがいているように見えた。菱形をした網目の大きさは最大約3センチ強。抜け出せそうでなかなか難しそうだ。細くて短い2本の手が鉄の棒を掴むのに向いていないのだ。それで、動きの大半は空をつかみながら、体の半分近くを建物の外に出しつつ、相変わらずもがき続けている。かなり必死のようだ。それを見ていると、何だか自分を見ているような気になった。何だか穴に入っまま抜け出せない自分の姿。僕にはボーダーラインがあって、その一線を越えられないままだ。飛躍できそうでできない。急にその蝉を応援したくなってきた。ガンバレー!!すると頑張った甲斐もあって、蝉は穴から脱出したのだ。でも、まだ建物の内側。フェンスの上には2mくらいの空間がある。だからそのまま飛び立てば、外に脱出できるのだが、その蝉は二度と穴に入りたくないのか、短い二本の手で慎重に細い鉄棒を伝いながら右往左往。そして再び穴の中。蝉の大きさから言うと、網目の方が小さいので、その方法での脱出は無理だ。蝉にとってもこの脱出はかなり高いボーダーライン。どうしたら越えられるのか。そうだ。この一線を越えるには、誰かに手伝ってもらうのがよろしい。僕は蝉を網目の向こうに押しやってやったんだ。すると、ギャーだかジャーだか大きな声を出して飛び出していった。あの鳴き声はお礼だったのだろうか。
まだ夏は始まったばかり。短い命の蝉を想いながら夕食としよう。ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生が作ったガラスの箸置きに2本のボーダーラインを載せて。
hashioki_convert_20110722232447.jpg



アリスのポケットサイトでは、後藤ゆみこ先生オススメのステンドグラスギフトのコーナーができました。一度お立ち寄りください。



商品名
箸置き 花一輪
5個1組み
価格/¥2,625(税込み)
サイズ/H60XW12
水を入れてお花を挿すことができます


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

ちょっと懐かしく新しいステンドグラスランプ

2011.07.22.01:04

ちょっと懐かしくて新しいステンドグラスランプが発売されます。ステンドグラス作家・後藤ゆみこ先生の新作です。店舗や宿泊施設、公共施設などで、個性的な雰囲気を発揮しそうです。

最近、ちょっと暗めの喫茶店って少なくなってきたよね。ファミレスとかどんどん進出してきて、ちょっと歩くだけでコーヒーも手軽に飲める。安いこともあって、そんなお店で話をするようになっているんだけど、そうしたお店ってとても明るいんだ。だからもうチョット正確に言うと、照明を抑え落ち着いた喫茶店からどんどん足が遠のいているってことになる。それに小さな町では、ファミレスやファーストフード店などの進出で、小さな喫茶店も少なくなっているようだ。ファミレスでの会話の内容が、本当は少々暗めの場所で話すのにピッタリなコッソリ話っていうこともあるんだけど。深刻な話なんかはもうちょと落ち着いた場所が良いと思うけど、時代は明るい方へ明るい方へと向かっているのだろうか。昔のジャズ喫茶も、今では明るいジャス喫茶っていうのもあるみたいだし。
あまり暗すぎはどうかと思うけど、食事するにせよ、お茶するにせよ、ちょっと照明を落としている方が周りとの空間共有をあまり気にしなくて良い。安っぽくないしね。そんな中、ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生は、ステンドグラスを使ったインテリア照明を作っている。モチーフシリーズという一連の作品で、花や図形など同じ大きさと形のパーツを立体的に組み合わせてつくるステンドグラス製ランプシェードがそれ。ステンドグラスを通した複雑な光と、色影の反射がとても綺麗で、個性的な空間をつくるにはピッタリの魔法のランプ。70年代や大正ロマンまでゆっくり旅して、一挙に現代に戻ってきたような不思議なデザイン。どことなく懐かしく新しい。このステンドランプの下なら、ちょっと未来の話をしたくなる。恋人同士なら、これから先の明るい話なんか良いよね。照明にも気を遣っている優れた設計者の方に一度使ってもらいたい作品だ。アリスのポケットでは、このステンドグラスランプが間もなく登場予定。一度サイトをのぞいて欲しい。




商品名
翡翠の花
価格/¥36,750(税込み)
サイズ/直径160x高さ230ミリ


予告編は、アリスのポケット

theme : シンプルライフ
genre : ライフ

ステンドグラスギフトとプレゼント

2011.07.19.22:24

ウェーブGグラス工房の後藤ゆみこ先生の作品をご紹介します。ステンドグラスについての才能、すなわちステンドグラスギフトとも言える天賦を感じさせるアートの世界のお話です。

ギフトとプレゼントという二つの言葉は、どちらも贈り物には違いないが、どう違うのだろうか?そんな単純は質問が、とある質問サイトに出ていた。その答えの一つに、プレゼントはひらがなで表せる気持ちで、ギフトは漢字で表せる気持ちというのがある。なるほど、ひらがなと漢字か~。プレゼントに比べてギフトは確かに堅苦しい。彼女へのプレゼントとか言う場合のそれには熱意もあるが、ギフトの方は少し冷たい。儀礼的なイメージもする。お中元やお歳暮はプレゼントというよりギフトの方がふさわしい気がする。さて、ギフトの語源は何だろう。語源辞書でもあるといいのだが、簡単に調べると「GIVEと同語源で天から与えられた物の意から才能になった」というのがある。giftedは「天才的」という意味だからこれも答えの一つだろう。ウィクショナリー日本語によると、与える・贈るなどを意味するGIVEの語源は、giefan とある。おっ!何となくgiftに近いじゃないか。類義語に donate 「寄付する」ともある。ラテン語でギフトはdonumに相当するそうだが、これも似ている。フランス語のdonner(与える)の語源がラテン語のdonumだ。一方のgiveの語源は、ゲルマン語のオールド英語だ、というところまで分かったが、ギフトの語源について探るのは、図書館に行ってからにしよう。
さて、ギフトが天賦という意味も含まれるなら、ステンドグラス作家の後藤ゆみこ先生の才能もギフトといえそうだ。例えば先生の作品に、ガラスの糸をからませてつくる技法がある。このガラスの糸はケインと呼ばれるそうで、この透明のケインで形をつくる。繭のような形や紡錘形、球形などがある。内部には色違いの別の形があったり、空洞の場合もあるのだが、僕には孵化器のように見える。そこから何か生まれてきそうな感じだ。実際、作品名は「繭・コクーン」という。この孵化器には球形をした無数の接合点があるが、その存在が面白い。要するにその形は接合部で出来ていると言って良い。そう考えるといろんなものに見えてくる。宇宙の中の惑星にようにも、脳細胞の中のシナプスのようにも見える。シナプスは神経細胞などにあって、化学的伝達機能を持つ。昔テレビで見たことがあるのだが、例えばアイデアがひらめいたりした時は、それはかなり光るのだそうだ。頭の中で無数のLEDのようなものが光っているような感じだろうか?そんなわけで、後藤ゆみこ先生の作品は「考える孵化器」と勝手に解釈しよう。そして、こんな不思議なものをつくる先生の場合のギフトは、ステンドグラスギフトということになろう。さあ、ガラス出来た考える孵化器に光りを入れてみよう。とてもきれいですよ。

009a_convert_20110719221140.jpg


詳しくは、アリスのポケット

theme : シンプルライフ
genre : ライフ

tag : ステンドグラスギフト

夏の夜を楽しむステンドグラスギフト

2011.07.18.19:06

アリスのポケットのステンドグラススタンドで夏の夜をまったり過ごす。今回は、ステンドグラスギフトとして使えるキャンドルスタンド「はあとスタンド」をご紹介。
【カラムのコラム】
今年は節電の夏になりそうだ。だから扇風機を買った。昔に比べると、普通の扇風機って意外と安いものだなあ。3千円もしない。昔の扇風機は、前と後ろのカバーを合わせるのがとても難しかったように思える。3つの穴と突起部分をあわせるだけなのにうまく行かない。どこかがずれている。これは前と後ろがあってないのだ、と前方のカバーを回転させて合わせてみる。それでもうまく入らない。どうしても合わない1点があって、もうこれで良いとなってしまうので、扇風機のカバーに変な隙間があいたまま一夏使うという具合だ。ところが、最近の安い扇風機のカバーは取付方がとても簡単。ワンタッチになっていた。さらに梱包も実にコンパクト。扇風機って、こんなに軽くて小さかったのね。
さて、節電ということなら、夏の夜をまったりと楽しみたいところだ。かつての夏の夜、縁側なんかがあった時代は、友達が集まって遊んでいた。暗い中でうちわ片手にたわいない話をする。そんな夏休みが好きだった。今では、夜中の話声や笑い声がうるさいだとか、何だとかでそんな楽しみも味わえない。でも昨年だったか宝珠山という村に行った時は、そんな感じだった。まだ、まったりとした夏の夜を過ごせる場所も残っているのはうれしいが、街の中は厳しいものだ。そうだ、村の子供達に夏の夜を楽しむステンドグラスギフトっていうのも悪くない。アリスのポケットのキャンドルスタンドは、ロウソク1本で夏の夜の物語をつくってくれる。怪談話はどうかしら。




商品名
はあとキャンドル
価格/¥3,150(税込み)
サイズ/H80XW100X100


詳しくは、アリスのポケット

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

プロフィール

オクリパコ

Author:オクリパコ
贈り物をするならオクリパコ!気になる人だけじゃなくて、自分への贈りものもアリ。

アリスのポケット
ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのオリジナル商品があります。
リンク
最新記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。