スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A4ファイルを片付ける

2011.07.14.17:15

A5サイズが好きだ。打ち合わせノートも、スクラップブックも、スマートフォンもA5サイズ。バックに入れても場所をとらないし、棚もコンパクトになる。だからA4ファイルは頂けない。
本棚にA4ファイルを入れると場所をとる。ファイルの幅は1~2センチと薄いけれど、ファイルの中身はそれより薄いことが多い。そうなると、A4ファイルを入れた本棚のコーナーの半分近くは情報の何もない空気やシートが占めていることになる。無駄が多いなあ、と思う。しかも、A4タテの長さも問題だ。天井いっぱいまでA4タテを重ねると、約6段程度。見た目も鬱陶しく圧迫感は歪めない。最近はA4プリントが主流で、ファイルもいわゆる100円ショップで手軽に買えるようになった。だからといってそのまま積み上げたなら棚はたちまちいっぱいになるだろう。
そこで、A4ファイルをハサミでカットしてA5ファイルにした。中の書類やスクラップは半分に折る。もともとA4だから折って長くなった分も計算して幅を少し長めにする。これは、よく入る。A4ファイル3つ分くらいは飲み込み。1つのファイルいっぱいに入れる。余分な空気をつくらないためだ。ところが問題はまだある。100円ショップのファイルは実に安っぽい。この場合、ポリプロピレンはちっとも美しくない。そんなわけで、A5フェイルの背表紙をつくる。それにピッタリなのが、波形ダンボール。梱包用としても販売されているが、文具店や紙屋さんで売っているのが良い。色も何色かある。この波形ダンボールはファイルの背が角張っていようが、丸みを帯びていようがキレイなアール型につつんでくれる。ダンボールの凹凸を使って曲げるのできれいに曲がる。そして簡単に一様になる。ラベルをプリントして貼ると見違えるように美的だ。う~ん、随分スッキリした。

IMG_1741_convert_20110714161823.jpg

◎デザインとアイデア考案の仕事をしています。
詳しくは→ESW



スポンサーサイト

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

comment

Secret

プロフィール

オクリパコ

Author:オクリパコ
贈り物をするならオクリパコ!気になる人だけじゃなくて、自分への贈りものもアリ。

アリスのポケット
ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのオリジナル商品があります。
リンク
最新記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。