スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートのフープ

2011.07.09.02:22

宮崎駿作品の題名の多くに「の」が使われているのはよく知られている。『となりのトトロ』、『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』、『千と千尋の神隠し』、近作では『崖の上のポニョ』などがある。使われているのは、格助詞としての「の」だが、『もののけ姫』はどうなんだろう?
「の」がつくと言えば、『欲望という名の電車』、『熱いトタン屋根の猫』、『ローマの哀愁』、『ガラスの動物園』のテネシー・ウィリアムズ。そう言えば、嫌いじゃなかった。心に響く話というよりは、肝臓をわし掴みするような作品が多かったような気がする。人には浄化できない毒のようなものがあるものだ。そんな毒気の強い登場人物たちが肝臓内で動きまわるので疲れてしまう。今となってはあらすじも忘れてしまったが、気になって処分できないでいる本の一つだ。
一方、アリスのポケットのグラスジュエル「ハートのフープ」。こちらは何の毒気もなくすがすがしい印象を与えてくれる。その名も「朝露」<rosée du matin>。溶けていくガラスのしずくを朝露のイメージに留めている。ガラスが変化する過程で凹凸が加えられているわけだが、気泡のまわりについたいくつもの小さな水滴がきらきら輝いているように見える。同じものは二度と作れない。言うなれば世界に一つだけのアクセサリー。アリスのポケットのグラスジュエルは、硼珪酸ガラスという強化ガラスを溶解してつくられる。だから『ガラスの動物園』の主人公ほど弱くはないし、偏向ではなくこちらは偏光が楽しめる。ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのバーナーワークがたどり着いたアクセサリーシリーズの一つだ。
20100725_005_convert_20110709000240.jpg

商品名
グラスジュエル 朝露 ピアス/ハートのフープ
価格/¥3,360(税込み)


近日発売予定。詳しくは、アリスのポケット
スポンサーサイト

theme : 可愛いアクセサリー
genre : ファッション・ブランド

comment

Secret

プロフィール

オクリパコ

Author:オクリパコ
贈り物をするならオクリパコ!気になる人だけじゃなくて、自分への贈りものもアリ。

アリスのポケット
ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのオリジナル商品があります。
リンク
最新記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。