スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとぎ猫

2011.08.01.00:36

一般的にペットと言えば犬か猫だが、どちらが日本的かとなると、やっぱり猫。ペットとして飼われている犬の多くは、西洋犬の方が圧倒的に多いように見える。とあるペット犬の人気ランキングでは、1位が(トイ)プードル、2位がチワワ、3位が(ミニチュア)ダックスフンド、その後はポメラニアン、ヨークシャーテリア・・・と洋犬が続き、9位にやっと柴犬がランクインされている。
縄文時代から犬は飼われていたと考えられていて、柴犬は狩猟の手伝いをしていたそうだが、そもそも日本犬は種類も少なく、「日本犬標準」では、秋田犬・甲斐犬・紀州犬・柴犬・四国犬・北海道犬の6種類しかない。そしてこれらは全て天然記念物となっているので、家の犬は柴犬っぽいなんて思っていても、意外と雑種っていうこともある。
一方、猫も弥生時代の遺跡から発掘されているようで、こちらのペット歴も長いが、ツシマヤマネコとイリオモテヤマネコを除くいわゆるイエネコは(特別)天然記念物ではない。しばしば三毛猫、トラネコ、キジネコなどと呼ばれ、日本の猫標準をつくるのも難しい。なかには三毛とトラとのハーフなんかもそこらじゅうにいて区別のしようがないが、日本猫として立派な血統を持つ。こうして、日本の猫は特別に注目されることなく人間の暮らしの中にうまく溶け込んで生息してきた。こうなると、日本的なペットはやっぱり猫だねと思う。
ところが、猫の存在に対して犬は一目置かれていて、犬の埴輪はあるけど猫の埴輪はない(ようだ)。また、平安時代からとも言われているが、犬は、安産・多産で子犬も丈夫に育つということから、犬筥(いぬばこ)という小さな人形となり、安産のお守りや魔除けとして使われてきたという。雄犬と雌犬とで対、御守札などが入れられるように箱状になっていて、かつての上流家庭では嫁入道具としても使われるようになったそうだ。胡粉彩色や金銀箔押しの美しい人形は、雛祭りの時に内裏雛の左右に置かれ、お伽犬とも呼ばれている。
さて、現代日本のペット事情から、この犬筥という日本の伝統文化を引き継ぐ権利があるのは、犬よりも猫の方に軍配があがるのでないか、と博多人形師の津志田先生は考えた。そこでできたのが「おとぎ猫」。伝統的な美しい仕上げにハート柄の首輪もついている。猫の表情も和の世界。愛らしくもあり、ちょっとした可笑しさもある。引き寄せられてしまう不思議な猫の置物だ。




※おとぎ猫は箱状ではありません
詳しくは、オクリパコ
スポンサーサイト

theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

蝉とお地蔵さま

2011.07.30.11:25

マンションの踊り場のフェンスから運命的に脱出した蝉を見た次の日、再び同じような蝉がフェンスに張り付いていた。これは、昨日見た蝉と一緒かもしれないと思う。今度はフェンスの網目でもがいたりせず、じっとしている。その慎重さから、さてはあの時のボーダー越えのお礼に来たのかも、などと勝手に思った。蝉にも礼儀のようなものがあるのかな、なんてね。有りがたい話だ。
ところがその2~3時間後に行ってみると、踊り場の床のにバッタリ倒れている。死んだわけではないようだが、かなり瀕死の状態。仰向けになって、手足だけをゆるりと動かしている。ああ、もうすぐ死ぬんだなと思う。蝉の成虫期間は約1~2週間と言われる。僕があの蝉の脱出劇を手伝ってから丸1日。この1日は、僕が80歳まで生きたとして、あの蝉にとって5年半以上に相当する。少しでも生きることができて良かったじゃないか。でも、後で掃除のおばちゃんのゴミ袋にサッサと入れられてしまうのも厭だな。それに命がある限りは精一杯生きるべし、と僕はその蝉をつかんで空に向かって投げたんだ。蝉は立派に飛べたよ。かなり不安定飛行だったけど近くの木に飛んでいった。
その後、博多人形師の先生からお地蔵様の人形ができたという電話があったので、見に行った。高さ5センチ程度のとてもかわいいお地蔵様だ。桜の花びらの上で、目を閉じてお祈りするお顔が愛らしい。このお地蔵様の元を話すと長くなるので今度の機会にしようと思うが、鮹の供養のための石像を設置する時につくってもらった「天草五多幸」というお地蔵様が原型になっている。今度は蝉のためのお地蔵様というわけではなかったが、どんな小さな命にでも感謝する意味では同じようなもの。
「何色が良いか」と人形師の先生。「そうだね、やっぱり金運の金色地蔵かな」と僕。さっそく頂いて帰り、部屋に飾った。蝉の命を頂いたようなものだろうか。さあ、僕もボーダーラインを越えなければならない時期に来ているようだ。でも、ハードルもハイジャンプも苦手だったからなあ。

:その蝉はヒグラシではないかというコメントを頂きましたが、調べましたら、やっぱりクマゼミのようでした。僕が昔見たクマゼミと印象が違っていたようです。


theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

宝くじと宝当神社

2011.07.27.01:41

宝くじが当たるという宝当神社に行って来た。もちろん高額当選を狙っている。島に上陸後「当たりソーダ」を飲んで気合いを入れる。宝くじも買った。そして、宝当の館という所から神社に向かう。鳥居まで88歩ということなので大股歩き。鳥居の前で10歩ほど足踏みした。その後、宝くじを入れておくと効果があるらしい袋を買うと、猫たちも祈願してくれた。ゴッドハンドと呼ばれておばちゃんに遭遇。握手もした。
宝当神社は、唐津から船で約10分のところにある。正面から見ると台形の形をした高島という名の島だ。島からは唐津城も見える。唐津城は高台にあり、城下はぼんやりとして邪魔にならない。贅沢な風景だと思う。島にはあちこちにネコがいる。唐津行きの船がでるまでネコを見てまわることにした。いろんな種類のネコがいるが、総称して島ネコというそうだ。島ネコたちも退屈そうだが、こっちも退屈。もう一度宝当の館に行ってみた。若い男が宝くじ売り場の前でスクラッチして、ダイヤが出たとか言っている。どうやら5000円が当たったようだ。おおっ~!凄いじゃないかこの島。


theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

ライオンの缶詰

2011.07.07.01:37

キャンベル柄のCanで商品名はCanned lion。やけにCanにこだわった缶詰だが、これはカンヌのお土産で、缶の中にライオンのぬいぐるみが入ったライオンの缶詰。カンヌ国際広告賞の受賞式に行った人が買って来てくれた面白いお土産だ。カンヌ国際広告賞はカンヌライオンとも呼ばれている。だからライオンというわけで、「アイデア入り」と大きく書かれている。何だか遊びがあるよね。
2011-07-04 14.35.56
かのホイジンガを引くまでもなく、遊びって大事だ。機械にだって遊びがなければうまく動かない。言い換えるとちょっとした余裕のようなもの。でも最近は遊べないなあ。何だかシステムぽくて窮屈な感じさえする、と感じているのは自分だけだろうか。

harigane100_convert_20110707011726.jpg

商品名
はりがねぴーぽー1号~5号
価格/各¥2,415(税込み)
サイズ/H140XW70X70


詳しくは、アリスのポケット

theme : かわいいアイテム♪OnlineShopping
genre : ファッション・ブランド

プロフィール

オクリパコ

Author:オクリパコ
贈り物をするならオクリパコ!気になる人だけじゃなくて、自分への贈りものもアリ。

アリスのポケット
ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのオリジナル商品があります。
リンク
最新記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。