スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退屈な毎日にステンドグラスランプ

2012.06.04.13:07

new1.jpg



退屈な日々を過ごしていませんか?
どこかに旅行でもなんて思っても、いざ実行となると諦めたりってことは、よくある話です。

旅行先でもたくさんの人がいて、自分だけの世界なんてそう簡単に作れるものじゃないですよね。

そんな時、お家の模様替えなんていかが?思い切って今までにない世界を作ってみるのも一つの方法です。

例えば玄関の照明をステンドグラスのペンダントランプにしちゃうなんて、大胆すぎるでしょうか?

詳しくはこちらから→ステンドグラスランプ
スポンサーサイト

人間をまじめにするランプのある風景

2011.12.18.16:37

090424-(232).jpg


今年もだんだん暮れようとしております。
暮れというわけではないのですが、山村暮鳥の「ランプ」っていう詩がありまして、
これを読んでいると、ランプのある暮らしが人間の存在を確認できる時代っていうのもあったんだな、なんて思うわけです。
現代の照明器具であっても、仕事から帰り電気のスイッチをつける行為の中にそんな思いがする人もいるかもしれません。
そしてひとりぼっちでちょっと寂しくなった時、つけてみたくなるランプっていうのもあっていいのだろうと思います。

ランプ
山村暮鳥 「風は草木にささやいた」より
野中にさみしい一けん家
あたりはもう薄暗く
つめたく
はるかに遠く
ぽつちりとランプをつけた
ぽつちりと點じたランプ
ああ
何といふ眞實なことだ
これだ
これだ
これは人間をまじめにする
わたしは一本の枯木のやうだ
一本の枯木のやうにこの烈風の中につつ立つて
ランプにむかへば自ら合さる手と手
其處にも人間がすんでゐるのだ
ああ何もかもくるしみからくる
ともすれば此の風で
ランプはきえさうになる
そうすると
私もランプと消えさうになる
かうして力を一つにしながら
ランプも私もおたがひに獨りぼつちだ



写真はステンドグラス作家 後藤ゆみこ先生の作品
モチーフシリーズ
詳しくは、アリスのポケット

光のメニュー

2011.12.10.00:06

その昔「光のメニュー」っていうCMがあって、記憶に残る良い作品だったでした。恐らく今みたいに簡単にCG処理できる時代じゃなく、何度も何度も撮り直したと想像するんだけど、それが伝わっていたんです。

あの「光のメニュー」に感動した人は少なくないようで、A氏よりコメントを頂き、少しだけ謎が解けて良かったなと思っています。そのCMを見ていた時、僕はきっと浪人中だったってこと。そもそも芸術系の人間だった僕は、そんな美しいCMを見ながら、どうして普通の大学を目指していたのだろうねって思います。結局本来の自分に合った仕事をしているわけで、時間の無駄だったとしか言えません。

話は最初に戻って、今ではCGで簡単にそれらしくできるようになりました。ついこの前もライトアップのお仕事でそのイメージをいくつか描きましたが、これもCGです。昼間の写真を夜のイメージに変えて、光の演出を描きます。とても便利ですが、やっぱりアナログがいいです。味があって、伝わってくるものがあります。書道で描いた「光」、これもなかなか良い感じなんて思っています。

そう言えば、デザイン作業の中でパースを描くこともあるのですが、手描きの絵が良いねって言ってくれる人も少なくありません。3Dソフトが使える人も多くなって、そんな仕事もすっかり減ってしまいましたけどね。

◎デザイン書道作品がフリーダウンロードできるようになりました。ちょっとづつ更新していますので、気に入った方はどうぞ。
→詳しくは、ESW デザイン書道ダウンロード
◎ついでにイメージパースも見てやってください。ちなみにデザイナーであって、パース屋さんではないので、デザインの途中でできていく作業の一環です。
→詳しくは、ESWのデザインパース画やアイソメ



春と修羅とステングラス

2011.09.01.23:44

090424-(277).jpg


宮沢賢治の「春と修羅」の「序」の書き出しです。

わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
 (あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといつしよに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち、その電燈は失はれ)

「春と修羅」は徒然草と同じように簡単そうでよく分からないのですが、人の存在というものを宇宙的な視座から観察すると、絶え間なく点滅する小さな光の集合体に見える。その光は電燈の光のようなものだが、いろんな因果でつながっている。その中でわたしは一つの青い発光体であるが、光は仮初に過ぎない、と解釈すると道教的な考えということができそうです。まあ、いろんな解釈があっても良いと思います。

それでは、ここで書かれている、わたしというひとつの青い電燈とは、どんな電燈をイメージしたのでしょうか?とても興味がわいてきますが、それはステンドグラスランプのような照明であったら良いなあと思います。「ひかりとかげのひとくさりづつ その通りの心象スケッチ」という「序」の中に出て来る言葉と、美しい色彩を投影する光と影をもったステンドグラスは、何となく似合いそうですから。

写真は、後藤ゆみこ先生の「モチーフシリーズ」の中の「碧花」という作品です。光りをつけると、瑠璃色の影が壁に投影され、わたしの記憶をひもとく心象スケッチの世界がつくられます。「窓は光を食べ、光を呼吸する」(Window make food and breath of light)と言ったのはマイスターマンだったか。この世あらゆるものは、宇宙塵をたべ、呼吸しているのと同じように、ステンドグラスも光りを食べ、光を呼吸しているのです。
こうなれば、この青いステンドランプは、「碧花」から「春と修羅」という商品名に変えてしまってもよろしいかと。

ところで、夏休みに、小学3年生の娘が書いた「雨ニモマケズ風ニモマケズ」。こっちの方の宮沢賢治は何となく理解出来そうな気も。



キャンドルスタンド

2011.08.28.18:18

雨が降るたびにだんだん涼しくなり、何だか秋の気配がいたします。キャンドルスタンドは、夏のコタツみたいに季節はずれの長物に思えますが、秋や冬の夜は、あっても良いなあと思ったりします。暑ければ涼しいものを、寒ければあったかいものを求めてしまうのは人間の性なのでしょうが、何でもかんでも環境と正反対のものばかり欲しがっていると、この先どうなってしまうんだろうかと思ってしまいます。

そこで自然との共生という、近年よく聞く言葉が浮かんでくるのですが、この共生は自然環境だけでなく社会のいろんなケースにもあてはまる極めて重要なキーワードのように思えてなりません。

今日、初めて相互リンクのお願いをし、快諾して頂いたのですが、これもネット社会での共生ですよね。「可愛い おしゃれな雑貨通信情報」というブログの方で、その名の通り通販で手に入れることができる可愛い雑貨やおしゃれ雑貨を紹介するサイトです。

その中にまたまた共生モデルを発見。サイトの紹介雑貨の中に「ティーライト」という電気を使ったキャンドルがございますが、これはステンド作家・後藤ゆみこ先生のステンドグラスキャンドルと組み合わせると何だかピッタリです。先生のそれはキャンドルカバーのような役割をする商品なので、中に入れるだけで済む「ティーライト」との相性は抜群のように思えます。ロウソクだとちょっと心配ですが、これなら安全です。物と物との共生、すなわちベストマッチングですね。



商品名
価格/¥1,680(税込み)
サイズ/H90XW55X55


詳しくは、アリスのポケット

可愛い おしゃれ雑貨 通販情報はこちら



theme : *ナチュラル スタイル*
genre : ファッション・ブランド

プロフィール

オクリパコ

Author:オクリパコ
贈り物をするならオクリパコ!気になる人だけじゃなくて、自分への贈りものもアリ。

アリスのポケット
ステンドグラス作家・後藤ゆみこさんのオリジナル商品があります。
リンク
最新記事
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。